Windowsしか使ったことがない私がMacを使ってみて感じたことや比較

MacBookPro

長年Windwosを使ってきました。
これからもWindowsも使っていくと思います。

ただ、両方使えた方がいいに決まっていますし
ノートパソコンを購入するにあたって選択肢の中で一番魅力に感じたので
と感じたことでMacBookProを購入しました。

ある程度、慣れてきたので一方のことをよく書いたり悪く書いたりはせず
私が感じたことをそのまま書きたいと思います。
ネットを見てみると信者やアンチがいて偏った意見と感じるものが多くあります。
どちらも使っている立場として、中立・公正を心がけようと思いますが、
あくまでも私の利用の範囲内での記述なので私の知らない部分ではいろいろあるとは思います。

ちなみにデスクトップは未だにWindowsを使っています。
Macに変更するつもりはありません。
次にノートPCを購入するとしたらMacを買うでしょう。
ノートはMac。デスクトップはWindowsで
少なくともしばらくは、やっていこうと思っています。

タッチパッド、トラックパッド (Magic Trackpad)

まず最初に感じたことはMacのタッチパッドの性能高さです。
これはWindowsのノートにはありえないでしょう。
OSとハードを同じ会社が作っているからこその性能だと思います。

Windowsのタッチパッドやジェスチャーアプリとは別次元の使いごこちです。
2本指でマウスのホイールと同じスクロール。
3本指のドラッグでマウスのドラッグ。
拡大、縮小、圧倒的です。

など。私は4本指のタップにはホイールクリックを割り当てています。
BetterTouchToolsという外部ソフトウェアを利用すると
かなり多くのことができるようになります。

慣れればマウスがなくても、ほとんどの操作がスムーズにできます。
ちなみに私は押し込むのは嫌いなので、押し込むタップは一斉使っていません。
本当にこれだけのために買ってもいいぐらいの使い心地のよさです。
ただ、手汗などでべたべたしてすべらなくなってきます。
トラックパッドのフィルムを貼ったりしましたがやっぱりすべりません。。。

ハードウェアのデザイン

最近はWindowsのデザインかっこいいものが増えて来ましたが、
やはりMacのノートPCのデザインは洗練されています。
買ってよかったと思わせてくれます。剛性が素晴らしいですね。

ソフトのデザイン

Windowsも最近のは悪くはないんですが、
OS全体のデザインや標準ソフトのデザインはMacのがかっこいいですね。
サードパーティーのソフトもMacOSに準じているものがおおいので必然的にWindowsよりかっこいいものが多いです。

起動速度

どちらも大差ないと思います。SSDの性能であればどちらも非常に早いです。

フォント(レンダリングエンジン)

Macの圧勝です。WindowsもMac TypeやGDI++を使えばMacに近いレベルの美しさになりますが、
それでもやや及んでいないような気がしますし、この手のサードパーティー製のソフトをいれないといけない時点でちょっと。

開発

正直わかりません。私のせまい範囲の個人的な開発ではMacのがいいように感じますが。WindowsはXcodeがないですね。
一方、Visual StudioはMacでもリリースされるようです。尚、iPhoneの開発にはMacが必要です。(厳密には開発だけならWindowsでもできる)

安定性

昔のWindowsはブルースクリーンになったりしましたが、最近のWindowsは非常に安定性があります。
とはいえMacも安定しています。

価格

Macが高いのは昔から有名です。同スペックであればWindowsマシンの方が安く購入できます。
しかしMacのハードウェアの品質は高いので仕方ないのかなとも思います。

リセール

Macは数年経った製品でも高く売れる傾向があるようです。iPhoneもAndroid端末に比べるとその傾向が顕著ですね。
価格が高くてもリセールバリューは高いというのはメリットです。

シェア

誰もがご存知の通りWindowsのが遥かにシェアがあります。
Netmarketshare.comによると2016年の11月のデスクトップシェアはWindowsが 90.95% Macは6.74%しかないそうです。

キーボード配列

Windowsに慣れてる自分としては、なれるまで多少時間がかかりました。
しかし慣れてしまえば自然とWindowsを使っている時はWindowsのショートカットキーなどを使い
Macを使えばMacのショートカットキーを叩いています。
私はなれるのが早い方だったと思いますが、人によってはきついと思います。

ソフトウェア

Windowsのほうが豊富に揃っているようです。
Windowsは便利なフリーソフトが山のようにあり、思いつくソフトはあるんじゃないかと思えるほどですが、Macはそうではありません。
Macには有料ソフトも多く、必要なソフトが有料という場合もあります。

私が一番困ったのがメーラーです。Windowsでは「Becky!」を使っています。
Macを使うにあたり同じレベルのことができるアプリがないか探しました。
「Mail.app」、「Airmail」「Thunderbird」、「Opera Mail」などを使いましたが、
どれも足りない部分があり、結局、Gmailで簡易的な使い方をし、
がっつり使う場合にはParallels Desktopでの仮想環境でWindowsを起動してBecky!を使っています。

動画プレイヤーはWindwosではメインは「Qonoha」を使っています。
「MPC」、「VLC」などもたまに使っていましたが
コーデックが最初から入っているプレイヤーがあまり好きではなく
軽量、高速、機能もそこそこ、安定性抜群のプレイヤーである「Qonoha」は最高です。
かなり色々ダウンロードしてみましたが、Macには代替えとなるべきソフトはありませんでした。
とはいえ、そこまでこだわりはないのでMacにあるソフトでも十分ではあります。

テキストエディターはWindowsではSublime Textを使っています。
Macでも同じものがあります。また似たようなソフトとしてAtomやVisual Studio Codeも各OS揃っています。
Sublime textは使っているとMacの方がやや完成度が高いような感じをうけます。
秀丸も昔は使っていましたが流石にsakuraとか秀丸とかその世代のエディターはもういいでしょう…

ゲームは言うまでもなくWindowsの圧勝ですね。
同じゲームがどちらのOSにある場合もWindowsのがサクサク動くそうです。

2chビューアーはWindowsではJane系を使っています。
Macにもいくつかありますが何個か使ってみたところ、
例えば開いたスレの画像は全て開いてほしいんですが、それすらできないアプリがあったり
Janeのが機能は優れていると思いました。
(慣れてるってのはでかいですが)

ファイラー統合型の画像ビューアー?(この手のソフトはなんと呼べばいいのかよくわかりません。)は
私はWindowsでXnViewというソフトを使っています。ファイラーなので画像フォルダを行ったり来たり、
画像の詳細情報を見たり、削除したり、サムネイル表示したり色々できます。
またこのソフトは協力な編集機能も備えておりトリミングしたり、数百枚のpng画像を一括でjpgに変換したり、
数百枚の画像の一部分を一括でトリミングしたりといった編集機能も備えています。
Photoshopのバッチよりも遥かにはやく編集ができ、とても重宝しています。
Macにも同じXnViewがあるんですが微妙に名前が違ってXnView MPという名前でかなり機能が削減されているようです。

Office関係はMacにもMicrosoft Officeがありますが、日本では(海外でもか)WindowsのOfficeを使っている人が多いでしょうし
やり取りすることを考えると100%同じ見え方にならないという時点でWindowsに分があるように思います。
Mac標準のものはシェアで圧倒的に劣る時点で問題外でしょう。
こういったソフトは一人で作って終わりではないので、何よりシェアがものをいいますから。
GoogleのスプレッドシートなどGoogle関係がもっと流行ってくれれば、個人的には嬉しいですが。

Adobe製品はPhotoshopをよく使っていますが、何故かWindowsのがサクサク動きます…
私だけなのかよくわかりません。昔はMacのが親和性が高かった話しをよく聞きましたが…

最後に

Mac、Windows共にメリット・デメリットあると感じますが今はMacが好きですが、
どちらか1台だけで仕事をするとなると私はWindowsのが効率よく仕事できますね。
使っている期間が逆だったら、逆の可能性もありますが、今後も併用して使っていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です