iOS11で念願のiPhone単体での動画キャプチャ(画面の録画)機能が実装!やり方は超簡単!

日本時間で2017/9/20のAM2:00過ぎ頃にiOS11が発表され、
ついにiPhone単体での動画キャプチャー(スクリーンショットの動画版)が保存できるようになりました。

今まではMacとiPhoneをケーブルで接続してMac側でQuickTimeを開いて・・・という感じで
ものすごくめんどくさかったのですが今後は超簡単にパソコンがなくても出来るようになりました。
Youtubeなどでスマホゲーの動画投稿してる人なども楽になるのではないでしょうか?

以下、動画キャプチャーのやり方です。

  1. iPhoneの「設定」を開き「コントロールセンター」をタップします。

  2. 「コントロールのカスタマイズ」をタップします。

  3. 「画面収録」をタップするとコントロールセンターに追加されます。

  4. コントロールセンターを開くと(iPhoneの一番下から上にスワイプします。)
    一番下に画面収録のボタンが追加されているのがわかります。

  5. 画面収録のアイコンをタップするとカウントダウンがはじまりiPhoneの画面の録画が開始されます。

  6. これでどのアプリを開いていても裏で画面収録が動いており動画としてキャプチャーされ続けます。
    (iPhoneの上部に赤いバーが表示され続けます。)

  7. 録画を停止する場合には再度コントロールセンターを開き画面収録をタップするか、
    赤いバーをタップするとダイアログが表示されるので「停止」録画が停止され

  8. 自動的に保存が終了します。
    尚、動画は通常の動画撮影と同じように拡張子はMP4となります。

iOS11はGIFアニメが標準の写真アプリで再生出来るようになっていたりと、
便利機能がかなり追加されてうれしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です