Sublime Text VS Atom VS Brackets VS Visual Studio Code スピード対決

Macのテキストエディターは色々ありますが、私は普段はSublime Textを使っています。

Sublime Textはシェアウェアなので似たようなテキストエディタである
AtomやVisual Studio Codeの登場によってシェアは減ってしまったようですが、
今まではサクサクっぷりが違いました。

とはいえ他のエディターも徐々に軽くなってはいるようなので
どの程度、差があるのか比較してみたいと思います。

比較するエディタとバージョンは以下の4種類です。

Sublime Text3 Build 3126

  • URL:https://www.sublimetext.com
  • 費用:$70(MITライセンス)
  • 開発者:元Googleエンジニアの開発者のJon Skinner
  • プラットフォーム:OSX、Windows、Linux
  • 初期リリース:2008年1月18日

この手のエディタの元祖的存在です。
2008年にリリースされましたが当初は人気がなかったものの
アップデートの度に強力になり徐々にシェアを伸ばし続けています。
Stackoverflowの2016年の開発者調査では3番目に人気のある開発環境です。
驚異的な軽量さと必要なプラグインを導入することでIDEに近いレベルの機能が導入できます。
今回比較するエディタの中では唯一オープンソースではない上にシェアウェアです。
(たまにダイアログで購入を促されるだけで無料でも使えることは使えるが買いましょう)
特に海外での人気が高いようです。
最近はアップデートがかなり少ないため、今後が不安ではあります。

Atom 1.15.0

  • URL:https://atom.io
  • 費用:無料(MITライセンス)
  • 開発者:GitHub
  • プラットフォーム:OSX、Windows、Linux
  • 初期リリース:2014年2月26日

Githubが開発したオープンソースのテキストエディタです。
Atomは2014年に初めてリリースされた比較的新しいエディタです。
コミュニティが大きいためかなりの多種多様なパッケージが作られています。
Atomの登場によってSublime Textからこちらに乗り換えた人は多いようです。
昔はかなりのモッサリでしたが、現在はだいぶましになったようです。
Sublime TextはネイティブアプリですがこちらはElectronで出来ています。
(Electronとはこのエディタの開発のために生まれ、Node.js・HTML・CSSというウェブの技術で
Windows・OS X・Linuxに対応したデスクトップアプリケーションが作ることができる
オープンソースのクロスプラットフォームアプリケーションエンジンです。)

Brackets ビルド 1.9.0-17312

  • URL:https://code.visualstudio.com
  • 費用:無料(MITライセンス)
  • 開発者:Adobe Systems
  • プラットフォーム:OSX、Windows、Linux
  • 初期リリース: 2014年11月4日

Adobeが開発したオープンソースのテキストエディタです。
Bracketsも2014年に初めてリリースされた比較的新しいエディタです。
Atomと同じくElectronで作られています。
初期段階から日本語対応が強いため一番敷居が低いかもしれません。

Visual Studio Code バージョン1.13.1

  • URL:https://code.visualstudio.com
  • 費用:無料(MITライセンス)
  • 開発者:Microsoft
  • プラットフォーム:OSX、Windows、Linux
  • 初期リリース: 2015年4月29日

Visual Studioコード(VSCode)は、
Microsoftが開発したオープンソースのテキストエディタです。
2015年4月にリリースされたばかりで比較的新しいですが
軽量かつ高機能でAtomから乗り換えたユーザーは多いようです。
Electronで作られており、勢いのあるテキストエディターです。

起動速度

まず起動速度の比較です。
ウィンドウが開くまでではなく、操作可能になるまでの時間を測定しています。
5回ほど起動したアベレージタイムです。

1位 Sublime Text 0.82秒
2位 Visual Studio Code 2.07秒
3位 Brackets 2.98秒
4位 Atom 3.12秒


起動速度はSublime Textが圧倒的に早いようです。
Visual Studio Codeも2秒ほどで動作可能になりました。
AtomとBracketは私の環境では3秒ほどかかるようです。

置換

次に文字列の置換を行う速度を比較してみます。
76,084文字のダミーテキスト内の2,761文字を置換してみました。

1位 Visual Studio Code
2位 Brackets
3位 Sublime Text
4位 Atom

Visual Studio Code
なんと一瞬で終わってしまいました。
Sublime Text起動速度

Brackets
VS Codeほどではないものの、かなりはやいです!
Sublime Text起動速度

Sublime Text
若干、時間かかりますね・・・
Sublime Text起動速度

Atom
一旦、応答なしになったものの35秒で置換でなんとか置換完了。
遅すぎるので動画はなしです。

Undo

次はUndo(元に戻す)の検証を行います。
先ほどの2,761文字を置換したものをCommand + zで元に戻します。

1位 Visual Studio Code
2位 Sublime Text
3位 Atom
4位 Brackets

Visual Studio Code
またもや一瞬で終わりました。
VS Codeはこの手の作業は大得意なようです。
Sublime Textよりも格段に早いというのは驚きました。

Sublime Text
若干時間がかかるものの実用範囲内の速度です。
Visual Studio Codeに比べるとかなりの速度差があります。

Brackets
BracketsもUndoを行ったところフリーズしてしまいました。
しばらく待っていたら一応置換できましたが
かなり時間がかかったので実用レベルではできないと考えた方が良いと思います。

Atom
応答なしになってしまいました。
Bracketsと同様にしばらく放置していたら一応、置換は済んでいましたが
Bracketsよりも更に時間がかかりました。実用には耐えられません。

メモリ消費量

次はメモリ消費量の比較です。
起動直後でファイルを開いていていない状態で比較しました。

1位 Sublime Text 84.0MB
2位 Brackets 173.9MB
3位 Visual Studio Code 224.4MB
4位 Atom 552.7MB

テキストエディタのメモリ消費量比較

Sublime Textが圧倒的にメモリ消費量が低いようです。
Atomは通常使ってるとモッサリ感が強いこともありメモリ消費量も膨大です。
しかしながら「メモリ消費量が多い=悪い」とは言えないので参考程度に留めてください。

巨大ファイルの読み込み

次は巨大なファイルの読み込みを行なってみます。
67.2MBの30万行のファイルが開けるのかどうか各エディタで実験してみます。

1位 Sublime Text
2位 Atom
3位 Visual Studio Code
4位 Brackets

Sublime Text
これほど膨大なファイルですがあっさりとそれほど時間もかからず開いてしまいました。
しかも開いた後もサクサク動きます。

Atom
Atomは開けないだろうと予想していたのですが、意外にもほとんど待たずに開けました。
Sublime Textと同様に開いた後の編集もサクサクでした。
昔よりもかなり改善されているようですね。

Visual Studio Code
開くことはできませんでした。あまりにも巨大なファイルは開くことができないようです。
まぁ普通はこんなに大きなテキストファイルを開く機会はあまりないですからね・・・

Brackets
Bracketsは16MB以上のファイルは開けないようでこちらもエラーが表示されました。
VS Codeと同様に開けなかったという結果ですが、
VS Codeで開けるサイズは16MB以上のようなので順位的には4位としておきます。

まとめ

速度に関してはSublime Textが圧勝かなと思いましたが
Visual Studio Codeが大量の置換・UndoでSublime Textを上回ったので驚きました。

ちなみに私は現在はSublime Textをメインで使用していますがマルチバイトの矩形選択がVisual Studio Codeで出来るようになるなどいくつかの私にとって重要な機能が追加されればVisual Studio Codeに移るかもしれません。

AtomやBracketsは私にとってはもっさり感を感じるので
ちょっとメインで使用する気にはならないですが、Bracketsはフォントにこだわる人や
「プラグインとかめんどくさいから最初から大体の機能があるやつがいい」と
考える人やIDEのような機能がなくて良いウェブデザイナーの方にも需要があると思いますし、
Atomも豊富なプラグインとすごい速度で進化を続けてきたので、
今後さらにもっさり感が解消されるかもしれません。

テキストエディターの良し悪しは速度だけではありませんし
開発者にとって最高のテキストエディタは何か?という議題は
よく議論を呼びますが人によって必要な機能も違いますし
好みの問題もありますし答えはないでしょう。
色々使ってみて使いやすかったものや、慣れ親しんだエディターを使うのがいいのではないでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です